ここ数年、妻と2人、または母と夫婦でのツアー旅行に半年1度以上参加しています。

ツアーのおすすめ予約方法
ツアーのおすすめ予約方法

ここ数年、妻と2人 / 61歳 男性

ここ数年、妻と2人、または母と夫婦でのツアー旅行に半年1度以上参加しています。と言っても、国内バスツアー、それも3度に2度は日帰りと簡単な旅行です。

でも何度も参加しているうちに、いろいろコツがあることがわかってきました。
バスツアーにおける、特に予約段階でのコツを書いてみます。
まず、旅行目的ですね。花見、紅葉狩り、ぶどう狩りなど季節に合わせた場合、超有名なところだと、早く予約を入れないとすぐ満席になってしまいます。「もう散ってしまうんでは」とハラハラしないようにしたいですね。また、人気のないツアーは「人数集まりません。中止です。
」と旅行業者から後日連絡あって落胆したりします。私も一度ありました。
人気なさそうなツアーは集客予想も聞いたほうがよいでしょう。
そして、時間的な配分ですね。お土産屋さんにばかり時間を費やしてもしかたありません。余裕があって、その近くの史跡なども自分で立ち寄れるくらいの余裕が必要なひとは、担当者に確認すべきです。

次に、食事です。
アレルギーがある場合は当然に確認です。
私の妻は酢の物がだめでしたので、「すし」の場合など、代わりになる料理を出してもらえるか、予約確定前に確認しなければなりませんでした。
安いツアーは、あまり食事に期待しないので、美味しかったら得した気持ちになりますね。
そして、宿泊する旅館・ホテルです。
「どのホテルになるかわかりません」というツアーに出会ったこともあります。いまは、ネット検索すると評判が口コミなどでわかる場合がほとんどですから、私は予定と違うホテルを指名して泊まったこともあります。もちろん余分な費用がかかりましたけれど、満足感がありました。

重要なのが、お世話してくれる添乗員、バスガイドさんです。
美声で、また気遣いで、ずいぶんと満足感が違うものですが、これは「運」です。
指名もできません。
でも、ガイドつきかどうかを案内書に書いてないことも多いので、気になるひとは確認しましょう。まだまだありますが、冗長となるので、ここまでにしておきます。

お役立ち情報